評判がいいと安心して任せられる|パナホームなら平屋もおすすめ

マンション模型

物件売却をする前に知ろう

通帳と電卓

諸費用を確認しておく

東京にある物件を売却する場合、まず気をつけておくことがあります。それはどんなことかというと諸費用がかかるので、どれくらいの金額を消費するのか知っておきましょう。住宅ローンの残債が残っているときは、不動産売却金額からローンを払わないといけません。また抵当権を抹消する必要があるので抵当権抹消のための費用も用意するのです。東京の不動産を利用して仲介する場合は仲介手数料を払って、買い手を探す必要があります。その時に仲介手数料も必要になるので覚えておきましょう。相手に不動産売却を行うときには譲渡税を払いますが、これは中身が所得税と住民税となっているのです。また建物解体を行う際は解体費用や撤去費用なども必要になります。

一般媒介契約が人気

東京で不動産売却をする場合は不動産会社に依頼しますが、これは複数の会社に依頼する一般媒介契約がかなり人気となっています。一般媒介契約とは複数の不動産屋に依頼をして媒介契約を行うもので、買い手を見つけやすくなるメリットがあるのです。1社に依頼をした場合はその不動産会社のネットワークしか使えないため、なかなか買い手が見つからない場合もあります。こちらなら複数の人に依頼できるため短時間で買い手が見つかるのです。また一般媒介契約では自分で紹介した方に不動産売却を出来ます。広告を出している途中でも欲しい人が現れても、すぐに対応できるのでかなり融通の利くサービスと言えるでしょう。東京の物件を売りたい人は利用してみるといいです。